薄毛治療にフィンペシアは効果的

通販で簡単に買うことができるフィンペシアは、薄毛治療に対する高い効果を持っています。

先発薬であるプロペシアは、世界で唯一の育毛作用がある飲み薬としてAGAに広く用いられている治療薬です。

プロペシアジェネリックである、フィンペシアにも同じ有効成分であるフィナステリドが配合されていますが、どのように作用してくれるのでしょうか。

フィナステリドが薄毛治療に効果的

薄毛が気になっている男性の頭
フィナステリドは本来、前立腺肥大症に対する有効成分として開発されましたが、服用後に増毛や発毛の報告が多くありました。

この出来ごとによって、改めてAGA治療薬としてプロペシアが開発されたのです。

AGAの原因であるジヒドロテストステロンという成分に男性ホルモンのテストステロンが変化してしまう際に、5αリダクターゼ2型という還元酵素を必要とします。

そんな還元酵素の働きを阻害してくれる成分が、フィンペシアに含まれるフィナステリドなのです。

ジヒドロテストステロンが増えると、毛根にダメージを与えてしまうため毛髪の成長が遅れるうえに抜けやすくなってしまいます。

フィナステリドを摂取することによって、ジヒドロテストステロンの産生が抑えられるため、髪の毛が太く長く成長しやすくなるとともに抜け毛予防にもつながるのです。

こうした作用からフィンペシアに含まれるフィナステリドは、抜け毛や薄毛の治療に効果的な医薬品といえます。

フィンペシアを使用する上での注意点

薄毛治療をしたい男性に効果的といえるフィンペシアですが、外用薬にも用いられるフィナステリドが配合されているため使用する上での注意点があるのです。

それは、妊娠中もしくは妊娠の可能性がある女性が服用しない、割れた状態なら触れないようにしなければなりません。

薄毛治療効果を得るために男性ホルモンであるテストステロンも関係するため、胎児への影響として男児の生殖器の形成などに異変が起こる危険性があります。

また外用薬に用いられる成分なので、錠剤のコーティングが役割を果たさなくなった割れた状態では有効成分が皮膚に触れただけで体内へと吸収されてしまうのです。

女性の薄毛に対する効果も期待できないことから、女性はフィンペシアに触れないほうがいいといえます。

そして男性でも高齢者や未成年者の服用は、禁止されているため服用しないでください。

さらに肝臓の疾患を抱えている方の場合、成分の代謝に影響を及ぼす可能性があるので医師に相談することをおすすめします。

併用禁止薬などについては現在報告されていませんが、使用禁止とされている未成年者や高齢者・女性が近くにいる男性も、フィンペシアを使用するときには十分に注意しましょう。

薄毛治療の多くにはフィンペシアが効く

カプセル状の薬を持つ男性の手
薄毛の原因となるジヒドロテストステロンの増殖につながってしまう、5αリダクターゼII型は前頭部や頭頂部の毛乳頭に多く存在する還元酵素です。

毛乳頭は、毛細血管から運ばれる栄養をもとに毛髪を成長させるため、発毛に大きく関係します。

しかしジヒドロテストステロンが増殖すると、正常な発毛サイクルが乱されて毛髪の成長が遅れたり抜け毛が増えるため、薄毛(AGA)が進行してしまうのです。

一般的に体内で産生されるジヒドロテストステロンの7割近くは、5αリダクターゼ2型によってできるといわれています。

フィンペシアは、そんな還元酵素の働きを阻害してくれるので、薄毛治療の多くにフィンペシアが効くといえるでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする