AGAの症状を知って原因から改善しよう

男性型脱毛症といわれるAGAは、成人した男性に起こる抜け毛や薄毛といった、進行性の脱毛症を指します。

地肌が見えるようになって気付くことが多いAGAは、気のせいと思い込んだりまだ大丈夫と放置すると、症状は進行してしまうのです。

薄毛やハゲが目立つようになると、人前や女性の前には恥ずかしくて出たくないなど男性としての自信に影響する可能性があります。

AGAの進行を防ぐためにも治療薬を服用すると同時に症状を知り、原因から改善しましょう。

AGAの原因と症状は?

本を開いた状態で目の前に指差しをする男性
男性が気になるAGAは、遺伝や生活習慣以外にも男性ホルモンの影響を受けることも原因のひとつです。

男性ホルモンとして良く知られるテストステロンは、筋肉量や体毛に作用して男らしさにも影響します。

しかし、5αリダクターゼ2型が作用してジヒドロテストステロンが体内で増えると、毛根がダメージを受けて毛周期のサイクルが乱れてしまうのです。

毛髪の成長期が短くなり、太くて強い髪の毛を作りにくくなると、細かったり短い髪の毛が増えることで薄毛の発症または進行してしまいます。

そして額の生え際や頭頂部といったM型やO型、その両方である全体的な薄毛などさまざまな症状は、AGAに当てはまるのです。

それだけでなく、頭皮のかゆみや頭痛といった症状を引き起こす場合もあります。

フィンペシアは症状・原因改善に役立つ

プロペシアジェネリックのフィンペシアは、ジヒドロテストステロンが体内で増えすぎないように5αリダクターゼ2型の働きを阻害してくれるのです。

この作用は毛周期のサイクルの乱れを整えて、抜け毛など薄毛の進行を防ぎます。

つまりジヒドロテストステロンが体内で作り出されてしまうことを抑える、フィナステリド配合のフィンペシアはAGAの症状と原因の改善に役立つのです。

フィンペシアは通販サイトで気軽に購入できるAGA治療薬なので、額の生え際や頭頂部の薄毛が気になり始めたら使ってみてはいかがでしょうか。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする