プロペシアとザガーロってどっちがAGAにいいの?

プロペシアのフィナステリド同様、デュタステリドという成分も前立腺肥大症の治療を目的に開発されたのが始まりでした。
しかし改めて、AGA治療薬ザガーロが作り出されたのです。

5αリダクターゼ2型に作用するフィナステリドとは違い、デュタステリドは1型と2型のどちらにも作用することが分かっています。

還元酵素である1型と2型は、それぞれが集中的に作用しているため抜け毛や薄毛が気になる箇所や症状によってプロペシアとザガーロを使い分けることで、より高い効果を得られるでしょう。

プロペシアを使うのはこんなとき

黒板に書かれたチェックの文字
フィナステリドが含まれているプロペシアは、5αリダクターゼ2型に作用します。

前頭部や頭頂部の毛乳頭に多く存在している還元酵素の働きを阻害してくれるため、生え際の薄毛や後退が気になるM型と頭のてっぺんが気になるO型タイプの男性におすすめです。

毛乳頭は毛細血管から栄養を運ぶなど発毛や育毛に大きく関係しているので、ジヒドロテストステロンが増えると、発毛周期を崩してしまいます。

そうして毛根がダメージを受けて毛髪の成長が遅くなったり抜け毛が多くなることを防ぐために、フィナステリドを有効成分にもつプロペシアでのAGA治療が適しているのです。

さらにジェネリック品のフィンペシアなら、通販で安く購入することができます。

ザガーロを使うのはこんなとき

デュタステリドが含まれているザガーロは、5αリダクターゼ1型と2型どちらにも作用します。

側頭部や後頭部の皮脂腺に多く存在している1型に加えて、2型の働きも阻害してくれるため、頭皮が脂っぽくて全体的な薄毛が気になる男性におすすめです。

ジヒドロテストステロンが増えると、5αリダクターゼ1型は皮脂腺に作用するため頭皮の皮脂分泌が過剰になります。

その状態が続くと、頭皮の環境が悪化して2型による抜け毛や薄毛を悪化させてしまう悪循環を避けるために、デュタステリドを有効成分にもつザガーロでのAGA治療が適しているのです。

そしてジェネリック品のデュタスも、通販なら比較的安い価格で購入できます。

症状がはっきりしてないときはプロペシア?ザガーロ?

左右の矢印と2つの分かれ道
プロペシアとザガーロの働きを見てみると、症状がはっきりしてないときも5αリダクターゼ1型と2型のどちらにも効果のあるほうで、AGA治療してみたほうがいいように思われがちです。

しかし高い効果がある分、副作用が強くあらわれる可能性もあります。

また、1型よりも2型のほうがジヒドロテストステロンを作り出す作用が強く、体内で作り出される約70%は5αリダクターゼ2型によるものともいわれています。

さらに2型がもともと体内で作り出されていない疾患を抱えている男性は、AGAは発症していないことも現時点で分かっているのです

つまり、高い確率で抜け毛など薄毛の原因に影響している2型の働きを抑えることが、治療するには重要といえます。

そのため症状がはっきりしてないときは、比較的作用は弱くても5αリダクターゼ2型の働きを選択的に阻害してくれる、プロペシアでAGA治療をおこなってみることがおすすめです。

それでも十分な効果が得られなかった場合に、5αリダクターゼ1型も影響していることが考えられるため、ザガーロで治療をおこなうとより高い効果が得られるでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする